青森県の歴史を紹介するシリーズ、ふるさと歴史館。第50回は、青森市の大衆割烹、芝楽です。ハレの日に家族連れで使う店として人気を博したその歩みから昭和の飲食店の移り変わりをたどります。

高度経済成長期に入り庶民の暮らしにゆとりが生まれ始めた時代。人々のなによりの楽しみは年に数回、着飾って街中へ出かけることでした。青森市民の定番コースは新町通りでの買い物と、大衆割烹・芝楽での食事。ご馳走を家族水入らずで楽しみ、自然と表情が和みます。

店に20年以上通っていた青森市の畠山光吉さん72歳です。

*畠山光吉さん
「料理がバラエティーに富んでいた。お子様向けもあるし、大人向けもある。いまでこそ、ファミレスが花盛りだけど、なかった時代は、唯一の楽しみだった。『きょう芝楽へ行くぞ』と言われたらうきうき」

芝楽は善知鳥神社の西側、いまは駐車場となっているこの場所に1953年に開店。時代に先駆けた経営で1962年には県内でいち早く、エスカレーターを導入。当時はデパートにしかなく、物珍しさに訪れた人は何度も、利用したといいます。

料理も、終戦前後の食糧難を経験した人たちが豪勢な料理をお腹いっぱい食べられるようにとの思いで「大衆割烹」として手ごろな価格で提供しました。当時の賑わいぶりを2代目社長の津島康栄さんは、こう、ふり返ります。

*2代目社長津島康栄さん
「店ができたころは洋食はめったに食べにいけなかった。父親が大衆割烹の料理一つ一つを売り出して、安い料金で大衆割烹がだす料理が食べられると感謝の言葉をいただけた」

店のメニューには天ぷらや釜めしといった看板商品のほかに、当時としては珍しい若鳥の蒸し焼きやグラタンなどが載っています。こうしたメニューの豊富さが、家族で訪れるのにはうってつけの店として芝楽の人気を支えました。

*(お客さん)
「家族連れが多くて、肩ひじをはらなくて来られる」「何十年も来た。三十年も来た。よそのところで食べるのが落ち着かないのと、なんかここで食べると安心」

活況を呈した芝楽も時代が進むにつれて庶民の嗜好の変化に直面します。食生活の洋風化で人気が高まってきたのは、肉料理がメインのレストランでした。さらに、車の普及も拍車をかけます。マイカーを持った家族連れは、大きな駐車場がある郊外のショッピングセンターへとくり出すようになりました。芝楽の客足は次第に落ち込み、1995年、42年間の歴史に幕を閉じます。

*2代目社長津島康栄さん
「親が作ってくれた店です。お客さんも大勢来てくれた店を、自分が守り切れなかったのは、残念に思います。いまの経済、車社会。駐車場がないと商売ができないのが致命的」