2022年4月、竹林で赤ちゃんを出産し殺害したとして、殺人の罪に問われた立野由香(たちの・ゆいか)被告。翌2023年9月の裁判員裁判で、過去にも自宅の汲み取り式トイレで赤ちゃんを産み落としていたことが明らかとなった。法廷で被告が語ったこととは-。前編・中編・後編のうち中編)

※当時のニュース、母親の人物像などを写真で掲載しています

マッチングアプリで出会った男性の子を妊娠

「交際相手の森さんとセックスしなくなった理由は?」
「わからないです」

裁判は、立野被告への質問に移った。

弁護士は、交際相手の森さん(仮名)との関係に触れたあと、4年前、自宅のトイレに子どもを産み落とした件を質問する。

「今回の事件までにあった、2018年の妊娠、相手は誰ですか?どこで知り合いましたか?」
「マッチングアプリで」
「出会い系ですね?」
「(うなずく)」
「なぜ森さんがいるのに、他の男性と?」
「(首をかしげる)」

「質問を変えますね」

「避妊はしていなかった?」
「はい」
「なぜ?」

弁護士の問いかけに、ほとんど聞こえないくらいの小さな声で答える立野被告。

「言ったけれども、してくれなかった」
「避妊してくれないならば、できないと拒否できなかったの?」
「(沈黙)」