舞台「M(エム).バタフライ」の開幕に先駆け、プレスコール及び舞台挨拶が行われ、主演の内野聖陽さんをはじめ、岡本圭人さんらが登壇しました。


岡本圭人さん 内野聖陽さん(プレスコール)


本作「M.バタフライ」は、あるフランス人外交官が国家機密情報漏洩という大罪を犯すほど愛に溺れた相手が、性別を偽った中国の男性スパイだった――という、1960年代の文化大革命の時代に実際に起こった驚愕の事件に着想を得た劇作家デイヴィッド・ヘンリー・ファンによる物語です。
ブロードウェイで上演され、絶賛を受け、1988年にトニー賞最優秀演劇賞を受賞。以来、世界30か国以上で上演されてきました。
日本では1990年の劇団四季での上演以来、32年ぶりとなります。


内野聖陽さん(舞台挨拶)


主人公・フランス人外交官のルネ・ガリマール役を内野聖陽さん。毛沢東のスパイでありながら、京劇女優に身分を偽るソン・リリン役を岡本圭人さんが演じます。
舞台挨拶に立った内野さんは“数年前になるんですけれども、この企画、梅田劇場のプロデューサーからいただきまして、 あまりによくできた戯曲だなぁということになりまして、ぜひ挑戦させてくださいってなったわけですけど、30年前の戯曲ですから、翻訳戯曲ですから、ちょっと今の時代にそぐわない部分があるぞというので、そこは僕が言い出しっぺで、日本語に関して、すごいうるさい俳優なんで、僕が基本的に全部の役者さんの訳を全部微調整しまして、1年ぐらいかかっちゃうんですけど、ここまでようやく来たわけです”と、この舞台上演までのエピソードを語りました。

さらに“とにかくこの作品の素晴らしさを演出家、プロデューサー、キャストが全員もってやっていますので、ガリマール(主人公)の脳内で起こるお話なので「脳内劇場」と言えるかもしれません。その「脳内劇場」で起こる様々な 面白いことがたくさんつまったストーリーなので、これは本当に皆さんに周知していただけたらなと心から念じています。それと同時に僕たちは、クオリティをあげて 皆様に楽しんでもらえる「M.バタフライ」が。 日々、成長していけるように念じながらやっていきたいと思っております”と、舞台への思いを話しました。


岡本圭人さん(舞台挨拶)


そして、共演の岡本さんは“このソン・リリンという役は本当に自分にとって、すごく挑戦的な役でだったんですけども、たくさんの方々に支えていただいて、自分ひとりではこの役っていうのは絶対に作れなかったと思いますし、ほかのキャストの方々、そしてたくさんの素晴らしいスタッフの皆様に支えられて、このソン・リリンという役ができたと思っています。まだ本番前なんですけれども、舞台というのはやっぱりお客さんがいて、はじめて完成するものだと思っていますので、今は「M.バタフライ」という作品はまだ完成していないので、どう完成するのかなぁというのを楽しみにしています”と、舞台にかける思いを語りました。

舞台「M.バタフライ」は、6月24日(金)から7月10日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて、7月13日(水)から15日(金)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティほか、福岡・愛知で上演されます。

【担当:芸能情報ステーション】