東京・赤坂駅周辺で最後の1軒だった一般書店が閉店しました。街から書店が減り続ける一方、“新しい書店の形”が注目されています。6月17日夜、27年間の営業に幕を閉じた「文教堂 赤坂店」。周辺エリアの再開発計…