出産時に子ども1人あたり原則42万円が支給される「出産育児一時金」の増額について、松野官房長官は来年度から実施する方針を明らかにしました。松野博一官房長官「政府として、年末の予算編成過程において結論を…