人気アイドルグループ・NMB48の安部若菜さん(20)が、11月18日(金)に自身初となる小説を発売することが発表されました。作品は、アイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」と、メジャーデビューを目指す「地下アイドル」の恋と成長を描いた長編小説で、去年行われた吉本興業×ブックオリティによる「作家育成プロジェクト」に参加した安部さんのプレゼンと企画書を見てKADOKAWAが出版権利を獲得し、今回の刊行に至ったということです。

【安部若菜さんコメント】
この度「ガチ恋オタク」×「地下アイドル」というテーマで小説を出版させて頂くことになりました!小さい頃から本を読むのが大好きで、小説家になることを密かに夢見てきたので本当に嬉しいです。
私のアイドルが好きだった経験も、現役アイドルの経験もぎゅっと詰め込みました。勿論全てフィクションですが、アイドルの恋愛や裏側など、小説だからこそ書けた部分も沢山あります。アイドル好きの方も、そうでない方にもドキドキしながら読んで頂けましたら幸いです!ぜひご一読ください。

【あらすじ】
夢や目標がなく冴えない日々を送る大学生のケイタは、アイドルグループ「テトラ」のオタクをしている。推しメンはセンターの実々花で、叶わないと分かりつつも本気で恋をしていた。
一方、高校3年生の実々花は、グループの人気も順調に上がり、メジャーデビューも近いのではと噂されているが、アイドルとしての毎日に漠然とした不安を抱えていた。
熱心にイベントに訪れるケイタが自分にガチ恋であることはSNSなどを通して気付いており、強い好意を抱いてくれていることを嬉しく思っている。そんな中、実々花は家族との衝突をきっかけに自暴自棄になり、SNSに載せていた情報を頼りにケイタのバイト先へ向かってしまう――。出会ってはいけない二人の恋と成長の物語。

【担当:芸能情報ステーション】