静岡県富士宮市の子どもたちが平和を願って絵画を描く国際プロジェクト「キッズゲルニカ」の制作に臨んでいます。富士宮市内の小学校では、6月1日に予定されているお披露目に向け、先週末、仕上げの作業が行われました。

巨大なキャンバスに描かれた富士山にニジマス、そこに平和の象徴であるハトや笑顔で遊ぶ子どもたちの姿が描かれています。

これは、子どもたちが平和をテーマに絵画を描く国際的なアートプロジェクト「キッズゲルニカ」で、巨大なキャンバスは戦争の悲惨さを描いたピカソの代表作「ゲルニカ」と同じ大きさです。

<児童>
「デイジーという花を描いている。平和を象徴する花」

3月に始まった制作作業もいよいよ最終日。平和の象徴とされるデイジーの花を全校児童の数の分、描くなど、仕上げの作業を行いました。

<富士宮市 須藤秀忠市長>
「いいね。Peace(ピース)だ」

子どもたちを激励しに訪れたのは、富士宮市の須藤秀忠市長です。「キッズゲルニカ」は、6月、市政施行80周年を迎える富士宮市の記念事業の一環として企画され、市内の3つの学校で制作が進められてきました。

<富士宮市 須藤秀忠市長>
「絵がとても明るい。本当に子どもたちが平和を求めている。平和は大事だなといった思いが伝わってくる」

富士根南小学校では、これまでにのべ160人の子どもたちがボランティアで参加し、一筆一筆に平和への想いを込めました。

<富士根南小学校6年 中島彩瑛さん>
「富士宮の有名な富士山やニジマスを描き、平和な世界になって欲しいという願いを込めて作った」

<富士根南小学校6年 目黒柚妃さん>
「戦争などがなくなる世界になって欲しい」

そして、制作開始からおよそ2か月、富士山のふもとから世界に平和へのメッセージを届ける巨大な絵画が完成しました。

<児童>
「(どの辺りを頑張った?)顔とか服」「平和になると良いと思う」

5月23日、子どもたちから市役所の担当者に手渡された絵画は、6月1日に行われる「富士宮市制施行80周年記念式典」の場で、お披露目される予定です。