ベトナムからの技能実習生が、広島で出産したばかりの子を放置して死なせ、遺体を土に埋めた罪に問われた裁判員裁判は、あす(16日)始まります。拘置所で17回に渡って被告と面会を重ねた記者がみた被告の素顔。そして、この事件からみえてくる問題とは…。

事件が起きたのは1年半前のことでした。2020年11月、東広島市志和町の民家で、この家に住むベトナム人の技能実習生のスオン・ティ・ヴォット被告は、敷地内に生後間もない女の子の遺体を埋めたとして逮捕されました。司法解剖の結果、女の子は生まれて数時間後に亡くなっていたことが分かりました。

(近所の人)
「会えば挨拶もしてましたし。片言だけど、おはようございますとか、こんにちはとか程度は言っていました。ただただ驚いて、びっくりしましたね。見た感じで、とてもそういう風な人には見えなかったので」

スオン被告の自宅は、会社の寮として使用されていたもので、同じ職場で働くほかの技能実習生の女性と2人で暮らしていました。働いていたのは、野菜を生産する会社でした。社長によると、遅刻もせず真面目な仕事ぶりで、毎月ベトナムの家族に仕送りをしていたといいます。

社長は「なぜ気付いてやれなかったんだろう」と肩を落とします。社長によると、周囲はスオン被告の妊娠に気づいていなかったといいます。

捜査の結果、スオン被告は、保護責任者遺棄致死などの罪で起訴されました。起訴状によるとスオン被告は、出産した女の子を保護すべき責任があるのにも関わらず、口に粘着テープを張り付けたままにしたうえで、床に放置するなどして窒息または低体温症によって死亡させ、遺体を土に埋めた罪に問われています。

2人の子をもつ私はこの事件を聞いて、生まれてすぐの赤ちゃんを埋めるという行為に至る前の、母となる瞬間の女性の状態を想像して、もし自分だったら…とゾッとしたというのが正直な気持ちでした。一人で子どもを産むなんて…あの痛みを感じながら、誰のサポートも受けずに、どうやって赤ちゃんを産み落としたのか。周りが血まみれになる中、へその緒や胎盤をどう処理したのか。

そして、きっと血管が透き通るほど薄い皮膚の、頭蓋骨までやわやわの、細っこい手足をギュッと曲げた状態の生まれてすぐの生命が、どんな声で泣いたのか…もしかして泣けなかったのか…。

誰にも祝福されずにこの世界に現れて、すぐに消えてしまった命を思うと胸が痛みました。そして自分まで後ろめたい気持ちになりました。

私が通訳の男性を伴って初めてスオン被告と面会したのは、2021年2月…、起訴され1か月余りたったころでした。