■誤って送金してしまった時…どうすれば?


山内キャスター:
今日の町議会によりますと、その4630万円が振り込まれた山口銀行からそれぞれ送金された二つの銀行を仮差押中だと明らかにしました。仮差押え中で民事訴訟を起こした場合、萩谷さんお金を取り戻すことってできるんでしょうか?


萩谷麻衣子 弁護士:
送金先の預金口座がわかっていて、そこにお金が入っていれば、仮差押えで口座凍結するような状態になりますから、その分は取り戻せる可能性はあると思います。

井上キャスター:
そもそもなんですけど、ミスをしてしまったという時点で仮の差し押さえをするということはできますか?

萩谷麻衣子 弁護士:
通常やります。急いでやります。やっぱり早く回収すべきであったし、これからどうやって実際に回収相手から、この誤送金をした先の相手が取り戻すかということが重要になってくると思います。

今回のような誤送金問題について、萩谷麻衣子弁護士は個人間でも同様の問題が発生する可能性があると指摘します。

萩谷麻衣子 弁護士:
今回は町が大金を誤送金したから問題になりましたけど、私達個人個人も誤送金で同じ問題が生じますから、今ネットでぱっと送金できますけど、送金するときは本当に気をつけて、慎重にやらないと回収するのが大変ということになりかねない。

井上キャスター:
今一度そのミスをしたときの対処を教えてください。

萩谷麻衣子 弁護士:
個人の時は、すぐに金融機関に言うことは大事ですけども、送金されてしまったら後は組戻しの手続きをせざるを得ないですね。