5月9日、戦勝記念日のロシアでは、対ドイツ戦勝記念日の式典があり、プーチン大統領が演説を行いました。
約11分間の演説の中で、プーチン大統領は「(ウクライナでの軍事作戦は)唯一の決断だった」と述べるなど、軍事進攻を正当化する発言もありました。しかし専門家は今回の演説について「新しい考え・進展がなかった」と評価、本来エリート集団であるはずの軍事パレードの一部についても「エリートのはずが若手ばかり」と評価しています。
戦勝記念日を迎えてもなお攻撃が続くロシアの今後などについて、専門家にききました。

■「新しい考えや進展がなかった」プーチン大統領の発言の背景

良原安美キャスター:
5月9日、モスクワで行われたロシアの対ドイツ戦勝記念日の式典の中の演説で、プーチン大統領は「“軍事作戦”は唯一の正しい決断だった」と発言しました。改めて、今回の軍事侵攻を正当化した形です。さらに、注目されていた戦争宣言については言及はありませんでした。

また、軍事パレードも行われましたが、お披露目が予定されていた航空機については、天候不良を理由に中止されたということもありました。

この一連の式典の中で、小谷さんが注目されたポイントというのを2つ挙げていただいています。

▼プーチン大統領の演説の内容について、新しい進展がなかったということ

▼軍事パレードで登場した“エリート空挺団”について。エリートのはずが、若手兵士ばかり

ホラン千秋キャスター:
注目ポイントをそれぞれ解説をお願いしてもいいでしょうか?

明海大学 小谷哲男 教授:まず1つは、演説の中に新たな目標が定められるということがなかった点です。もしあったとすれば、今回行われている軍事作戦を「かつてのナチスとの戦争と同じ目的のために戦っている」と言ったことは新しい点だと思います。しかし、新しく戦争を宣言するわけでもない、動員を宣言するわけでもないということで、やはり戦況がうまくいってないがために新しいことを言えなかったんだろうと思います。もう1つ、空挺団というのは、どの国の軍にとってもエリート中のエリートですが、今回の軍事作戦の1番最初にキーウを制圧するために投入されて、撃退されました。壊滅に近い状況ではないかと言われていますが、今回出てきたのは、主幹候補生、幹部の見習いが出てきたということです。かなり空挺団はひどい状況にあるんだろうと言えると思います。