旅行代金の一部が補助される静岡県の県民割が、ゴールデンウィーク明けから神奈川や長野など7県にも拡大することが決まりました。

静岡県は観光促進事業の「県民割」がゴールデンウィーク明けの5月9日から31日まで、新たに隣接する県など7県にも拡大すると発表しました。

拡大されるのは、山梨、長野、神奈川、新潟、富山、石川、福井で、行きたい県の旅行券を購入すれば、割引を受けることができます。

1人1泊あたり、最大5000円の割引額や購入方法はこれまでと同じですが、条件となるワクチン接種歴が現在の2回から3回へと変更されます。

静岡県はこの他にも、東京、愛知、岐阜、三重にも要請していて、同意を得られた段階で拡大し、公表する方針です。