アメリカ国防総省の高官は28日、ウクライナ侵攻を続けるロシア軍の部隊がさらに増強されたとの分析を明らかにしました。

アメリカ国防総省高官によると、ウクライナ国内に投入されたロシア軍部隊は92群に増えたということです。ただ、ウクライナ東部のドンバス地方で増強された部隊については、「1日数キロメートルしか進んでいない」と指摘。首都キーウを侵攻した際に補給の問題に悩まされた経験から、「燃料や食料などを供給する後方部隊から離れないように動きが遅くなっている」と分析しています。

また国防総省高官は、南東部マリウポリへ侵攻していたロシア軍の部隊の一部が北西に向けて移動を始めたことも明らかにしました。ただ、ロシア軍による激しい空爆が続いていることから、「ロシア側は依然としてマリウポリを奪ったとは思っていない」との見方を示しています。