ロシア軍はウクライナ東部を中心に4日連続で1000か所以上を攻撃したと発表するなど、一層攻勢を強めています。

ロシア国防省は22日、ミサイル部隊と砲兵部隊が夜間にウクライナ軍の指揮所や軍事拠点など1285か所を攻撃したと発表しました。1000か所以上を攻撃したと発表するのは4日連続です。

また、海上発射型ミサイル「カリブル」でドニプロ州にある鉄道駅付近でウクライナ軍の一個大隊を攻撃したほか、空中発射型ミサイルでウクライナ西部のフメリニツキー州で地対空ミサイルシステム「S300」を破壊したなどとしています。

ロシア側はウクライナ東部ドンバス地方全域の制圧を目指し、一層攻勢を強めていて、ウクライナ側との戦闘がさらに激化する可能性があります。