ロシアのウクライナ侵攻による世界経済の停滞と急速に進む円安で日本経済に大きな影響が出始めています。値上げの波が身近な食品から子どもたちの給食、さらに住宅の建設費用にも押し寄せているのです。私たちの暮らしはどうなるのでしょうか?

■ピザにワイン・生ハムも値上げ 避けられない2つの理由

東京都内にあるイタリアン酒場。

長く続いた“まん延防止措置”の解除を受けて、徐々に来店客が戻りつつあるといいますが、ここへきて不安要素が増していました。

赤バルRETZE赤羽店・寄木一真営業部長
「うちの場合だとパスタやピザで小麦粉使うものが多いので、油もそうだが品薄状態で非常に値段が高騰していて困っています」

ロシアによるウクライナ侵攻などの影響で政府から売り渡される輸入小麦の価格が、4月から平均17%以上引き上げられました。

この店では、一部のメニューの価格を5月から引き上げることを決定。さらにビール
やワイン、生ハムなどの輸入品は、円安によって高騰する恐れがあります。


赤バルRETZE赤羽店・寄木一真営業部長
「なるべく自分達の努力で原価を上げないようにずっと抑え込んでいくつもりだったが、ここにきて抑え込むのが苦しくなってきた。根本的に値段が上がるということから逃げられない」

4月に入り、食品や日用品の値上げが相次ぎ、じわじわと家計を圧迫しています。街で聞いてみると・・・。

女性(30代)
「トイレットペーパー、小麦粉、油類。気を使って安い店に行くようになった。今回はこれ買うのやめようかなとか、切り詰めることは増えましたね」

男性(70代)
「ガスも上がったもんね。電気も。500、600円違うよな。」

男性(50代)
「家庭で使うものだからそれが一番困るんじゃない?働いている人たちの給料を上げてもらわないと食っていけなくなっちゃう。それが一番思う」