前回いじめが増加している現状や、子どもたちの学校生活でいかにいじめが身近になっているか=「いじめの一般化」について触れた。そして今、この増加傾向に拍車をかけるのではと心配されているのが、新型コロナに起因するいじめだ。背景には、コロナ休校やコロナ対応での様々なストレスがある。学校全体をストレスが覆い、子どもたちだけでなく、保護者や教職員のイライラも静かに募っている。

■9割の教職員「いじめ増える」


教職員の悩み共有サイトを運営するNPO法人「教育改革2020『共育の杜』」(以下、「共育の杜」)が東京都や大阪府など7都府県を中心に7月10日~26日、インターネットで国公私立小中高校の教職員ら学校関係者およそ1200人にアンケート調査したところ、「今後、いじめが増える可能性が高い」と思う人が9割(88.7%)に上った。

2020年 文部科学省での会見

8月21日、「共育の杜」は文部科学省で記者会見を開き、教職員の勤務実態についての調査結果を発表した。会見には行けなかったが、その取材映像を確認し、後日直接、関係者から実情を聞いた。

■教職員の疲労やストレスも背景に


多くの教職員たちが、学習の遅れを取り戻すことと感染予防に追われる日々を過ごしているという。例えばある教師は、朝いつもより1時間早く出勤して、換気のため教室の窓を開ける。登校してくる生徒が家庭で検温してきたかをチェックし、忘れてきた生徒に学校で検温する。

急ぎ足になりがちな授業では、感染予防のため、子ども同士の触れ合いも促せない。これまで褒めていた子どもたちの“教え合い”や“学び合い”にも、「近づき過ぎ!何度言ったら分かるの!!」という言葉が出てしまう。そんな状態では、教員と子どもたちの信頼関係も築きにくい。

するとどうなるか。疲労度の高い教員から順に、子どもの話をちゃんと聞けなくなってくる。「先生あのね・・・」と声をかけてくれた子どもに「ごめん、ちょっと密だから離れよう」と冷たくあしらってしまい自己嫌悪に陥った教員もいる。

アンケートでも、疲労やストレスなどで「子どもの話をしっかり聞けなくなる」と感じている教員は33.7%に上った。時間的・精神的な余裕を失くしつつあるという。記者会見で元中学校教員の藤川伸治理事長は、「子どもの話がちゃんと聞けないと、悩みを先生はキャッチできない。だから子どもたちはさらにイライラする。そのイライラをまわりの人たちかモノにぶつける。友だちにぶつける際に、いじめが起こる」と述べた。先生の疲れ⇒話を聞けない⇒イライラが募る⇒いじめ発生・・・。そんな負の連鎖があるという。

「共育の杜」藤川伸治理事長