いじめ予防のアイデアを皆さんと一緒に見いだし、考え出していく前に、いくつかおさえておきたいことがある。「いじめの現状」と「いじめ防止対策の現状と課題」だ。できるだけその共通認識を持っておきたい。

というのも、いじめに関しては世代を超えて多くの人が直接的に間接的に何かしらの経験を持っている。だから、いじめ防止対策について話し合おうとすると、ついその強烈な個人的経験をもとに誰もが語りがちになる。議論がバラバラになり、収拾がつかなくなる。

2018年6月放送「ザ・フォーカス~いじめ予防」より
私は2018年6月に「ザ・フォーカス~いじめ予防」を放送して以来、いくつか大学の授業で、いじめ予防について担当教授や学生たちと一緒に考える貴重な機会を得た。

限られた時間で議論をするには、共通の基礎知識があったほうが、より建設的になると実感した。いじめの現状と課題についてきちんと踏まえている彼らと話すのは、とても有意義だった。もちろん、その上で個人の経験談も活きてくる。

■いじめ研究の泰斗・最晩年の講演


そうした基礎知識を共通基盤とするために、“いじめ研究の泰斗”森田洋司の最晩年の講演のエッセンスを紹介していきたい。

森田洋司・鳴門教育大学特任教授 (2018年2月11日の講演)
国のいじめ防止対策の実践を率いてきた森田の熱いラストメッセージが込められた講演の一つは、私が取材した「BP(Bullying Prevention)プロジェクト・いじめ防止支援シンポジウム」(2018年2月11日)の講演だった。

ちなみに森田は、この講演の翌年(2019)の大晦日に亡くなったが、2019年2月には同じBPプロジェクトのシンポジウムで「いじめの総括」というタイトルで講演している。森田がどう“総括”していったのかについても、折々で触れていく。

2018年2月11日(日)、東京駅近くの会場には、前の方の席にBPプロジェクトにかかわる4つの教育大学の学長ら大学幹部や大学教員、文部科学省、国立教育政策研究所や東京都の職員などがズラリと並び、後ろには一般の教職員や保護者も集まっていた。いじめ防止対策にもともと関心がある人たちが主だった。

(写真提供:鳴門教育大学)