人口およそ2万7000人…。広島県北部の小さな街で、2年前「若い力」に対する大きな期待を背負って就任した石丸市長…。

市長が提出した“議員定数半減”案は、10日の議会で否決されました。議会側との対立は長期化しています。これまでを振り返ります。


安芸高田市の石丸伸二市長は、前の市長が、河井夫妻による大規模買収事件で現金を受け取ったことを認め、辞職したことに伴う市長選挙に立候補、2020年8月に初当選しました。

石丸市長は京都大学を卒業後、三菱UFJ銀行で、金融市場のアナリストなどを勤めました。

市議会の所信表明演説では、新型コロナなどへの危機対応や、ICTを活用した教育の推進などで、「世界で一番住みたいまち」を目指すと意気込みました。特に強調していたのは、「財政の健全化」で、「行政のスリム化を進めつつ、未来への投資を拡大していく」と訴えました。

「見ている人の興味をどれくらい引けるか。これに尽きる」政治に関心の薄い若者を中心に興味をもっておらおうと、就任当初から力を入れていたのは、「SNS」です。石丸市長は、ツイッターで、市政の情報を盛んに発信しています。そんなある日、ふとつぶやいたツイートを巡って、議会との論争が勃発しました。振り返ってみると、これが議会との確執を生んだ発端でした。