4年前の西日本豪雨以来、世帯が半分にまで落ち込んだ広島・呉市の集落でビール作りという新たな挑戦を始めた若者…。にぎわいにつなげたいと企画したのは、都会の若者などを対象とした田舎暮らしの体験会でした。

「いい感じじゃないですか」


クラフトビールを作っているのは、藤戸淳平さん、25歳。

IBブリューイング 藤戸淳平さん(25)
「1日じゃできないけど、1タンクで500本くらいはできる状態です」


田舎暮らし体験会が開かれるのは、呉市 安浦町 市原地区のビール醸造所「IBブリューイング」です。


藤戸淳平さん
「人がいっぱい行き来して、関係人口とかどんどん増やして、今回、来てくれた人たちがまた戻って来たいという場所にしたいと思っている」


IBブリューイング 西原総司さん(22)
「到着です。これが、市原です。地区70年の古民家を改装して、ハブみたなスポットを作って…」


案内するのは、IBブリューイングを運営する西原総司さん(22)です。ビール作りを担当する藤戸さんとともに体験会を主催しました。


西原総司さん
「4年前に豪雨災害があったところで、工事も4年たっても復興途中…」


市原地区は、4年前の西日本豪災害で3人が亡くなりました。西原さんと藤戸さんは去年、横浜から市原地区に移住し、被災した古民家を改装、ことし2月からビール作りを始めました。


市原地区は被災前、24世帯が生活していましたが、今は半分に減りました。


体験会には関東や関西などから8人が参加しました。


東京から初参加 小平菜央さん(21)
「実際にこうやって自分で体験して、その地域の人と交流していく機会は、自分たち若者には大切なんじゃないかなと思っています」


京都から初参加 太田雄斗さん(19)
「過去の4年前の災害についての報道が少なくなってきているんですけど、まだ現地では終わってないんだということを実感しました」


大阪から4回目の参加 山下大輔さん(28)
「がんばっている2人を若い力で盛り上げたいなということで来ています」