★英語でもSenjo-Kousuitai 広く知られたのは2014年の広島土砂災害

気象の研究の世界で2000年前後に登場した、比較的新しい言葉である「線状降水帯」…。線状降水帯の研究の第一人者である気象庁気象研究所の加藤輝之さんによると、適切な英語表記はなく、論文などで英語表記するときには"Senjo-Kousuitai"と記載しているそうです。







そんな線状降水帯が世間に広く知られるようになったのは、2014年8月に起きた広島土砂災害です。当時の気象レーダー画像には、線状にのびる激しい雨の降水域が捉えられています。その後、福岡・大分を中心に大きな被害が出た九州北部豪雨が起きた2017年には、新語・流行語大賞にノミネートされるなどして、さらに一般的な言葉となりました。

★どんな形で予測を発表?

線状降水帯による大雨によって、毎年のように甚大な被害が繰り返される中で、気象庁は、線状降水帯の観測や予測の取り組みを強化。今月からは、全国の大学など14の研究機関と連携して予測精度を上げるための技術開発や研究を進めています。





こうした取り組みの中で、去年から線状降水帯の「発生」を伝える情報の提供を始めました。そして、きょうからは、事前に発生が予想された場合、早ければ半日前からの「予測情報」の提供をスタートさせています。