令和の街並みに、安土桃山の香りを漂わせる「広島城」。このお城のすぐ傍に城下町が出現するかもしれません。


観光客たち
「城下町のこのようなところに何があったか気になりますよね」

「本当はそこに城下町があって、武士がいてというのを忘れていて、わたしたちって」


きょうのテーマは、『令和の広島城に城下町? 時代を超えた “おもてなし拠点”』


広島城周辺の再整備が始まっています。これからどう変わるのでしょうか? 動き始めた広島城周辺の整備について探ってきました!


小林康秀キャスター
「広島城のすぐ近く、中央バレーボール場があった場所ですが、見てください。何もなくなっています。解体された状態ですね」


「実は、こちらの方向に三の丸があります。観光バスの駐車場があるのですが、こちらに移転してくるということで、ちょうど、さら地になったところです」


広島城周辺の整備は、新たな観光バスの駐車場を設置することからスタートしています。バレーコートなどの解体工事は今月中に終わり、来年度、新しい駐車場が誕生します。ここから西へ200メートルに位置するのが、「三の丸」と呼ばれるエリアです。


小林康秀キャスター
「広島城南側のエリアです。この辺りは噴水や観光バスの駐車場などがある三の丸というところですが、飲食店などが並ぶおもてなしのエリアにしようという動きが始まっています」


広島城の魅力を高め、観光拠点としての機能を向上させようと、広島市が注目したのが、三の丸エリアです。広島市はこんな風景を参考にしているとか…。