先週、広島空港発着の「日本列島遊覧フライト」が行われました。企業が飛行機をチャーターしたものですが、参加した子どもたちは、笑顔いっぱいで一日、空の旅を楽しみました。


「日本列島遊覧フライト」を計画したのは、広島市に本社を置き、総合解体工事業を営む桑原組です。コロナ禍で影響を受ける広島空港を少しでも活性化させたいと、1年前に企画を立ち上げました。当初はことし1月に実施予定でしたが、感染の拡大で延期されていました。


「遊覧フライト」には、社員や家族、取引先など96人が参加。出発前に子どもたちは、紙ヒコーキで的当てゲームに挑戦。パイロットやCAの制服を着て、記念撮影を楽しみました。


いよいよ出発です。行き先は、出発地と同じ広島となっています。


JAL(日本航空)によりますと、コロナ禍で▽旅行機会が減ったことや、▽修学旅行に行けない代わりになどとして、企業や団体からのオファーで全国各地でチャーター機での遊覧フライトは増えているということですが、広島では今回が初めての開催です。


機内アナウンス
「尾道市出身、ワタナベです」


フライトでは、JALの『ふるさと応援隊』のメンバーである広島県出身者など、地元にゆかりのあるスタッフが乗務を務めます。およそ3時間のフライトです。

桑原組 桑原明夫社長
「コロナ禍、旅もなかなかできない中、何かできないかと」