小林康秀キャスター
「まわりからの視線を感じますね。やっぱり珍しいですものね」

視線を感じる、この乗り物。バイクなのですが、ちょっと違う…。

小林康秀キャスター
「モーターが回っている音は聞こえるんですけれども静かですね」


その正体は、充電で走る「三輪バイク」。乗り物の電動化は、自動車だけではありません。きょうのテーマは、『家庭用電源で70キロ走れます  This is the “電動三輪バイク”』

小林康秀キャスター
「電気自動車や電気自転車は、街中でもよく見かけますけれども、新しい形の電動バイクがあるということで、やってまいりました。ちょっと形が変わっていますね」


訪ねたのは、広島市南区の国道2号沿いにある電動バイクの専門店です。


eモビショップ 北浦弘久社長
― 車のようなフロントガラスとかがないイメージだったんですが?
「側があって当然。側があることによって、雨に濡れなくてすむという形」

北浦社長の本業は、太陽光発電の設備工事です。それだけに脱炭素社会の実現には高い関心を持っていました。

北浦弘久社長
「今から3年半前にたまたまYouTube動画でヨーロッパで走っているのを見た。ヨーロッパの方はSDGsの取り組みがやっぱり早いんですね。おもしろいなと。日本でもなんとか走り走れないかなと。それから準備を進め、ことしの3月、『eモビショップ出汐』をオープンさせました。西日本では初となると思う電動の三輪バイク」