広島で新たな精米技術による日本酒が誕生しました。その名も『真吟酒「始 -HAJIME-」』です。若手蔵元3人が醸す三酒三様の味わいに迫ります。


お披露目の会場となった店には、全国各地の名酒がずらりと並びます。そんな中、この日の主役は、吟醸酒発祥の地・広島から新たに生まれた『真吟酒「始 -HAJIME-」』です。

この酒造りに挑戦したのは、若き蔵元3人です。

藤井酒造 6代目蔵元 藤井義大さん
「サタケさんが新たに開発された『真吟精米』という全く新しい精米技術を融合させて、広島の三蔵が醸す個性的なお酒『始』を企画しました。」

日本酒は、その土地の気候や風土に影響され、蔵独自の味わいが生まれるとされています。


今回、広島市安佐北区に蔵を構える旭鳳酒造、竹原市の藤井酒造、そして神石高原町の三輪酒造の三つの蔵が、旭鳳龍勢神雷というそれぞれの銘柄の酒を、真吟精米という最先端の技術で磨かれた米を原料に、広島の酵母・こうじ菌を用いて仕込みました。


取り組んだ蔵の1つで、「龍勢」で親しまれる藤井酒造を訪ねました。


藤井酒造 6代目蔵元 藤井義大さん
「もう、お米を開けた瞬間から通常の米と比べて、やはり薄いんですね。すごく軽いイメージ。通常よりも水分が飛ばないように、いろいろ工夫をして造っていきました。」


三つの蔵で醸した酒の味は…。

藤井義大さん
「想像以上に違ったので、すごくびっくりしました。」