広島県の湯崎英彦知事は、平和記念式典のあいさつで、「核兵器が存在する限り、人類を滅亡させる力を使ってしまう指導者が出てきかねないという現実を直視すべき」と訴えました。以下、あいさつ全文です。