RBCiラジオの朝の情報番組「アップ!!」最新ニュースや身近な生活情報を楽しくわかりやすく伝えるのは、番組パーソナリティのお笑い芸人・首里のすけさんと仲村美涼アナウンサーです。

この番組でのある発言が注目を集め、アプリなどでラジオ放送が聞けるラジコでのタイムフリー、いわゆる追いかけ再生数が通常の5倍を超えるなど大きな反響を呼んでいます。その日の放送がこちら。



仲村アナ(4月19日の放送の音声)
「私がアップの番組とかでお休みを時にですね「おめでた」じゃないと言われることが結構あるんですよね、言ってくれている人に対しての何か不愉快と思っていることではないんですけど出来れば今後言わないでほしいという気持ちがありまして」

放送の前日、別番組の収録でアップを欠席。さらに理由を明かさなかったことが憶測を呼び、リスナーから「おめでたですか?」と書き込みがありました。この一連のやりとりを受けて仲村アナは番組内で、これまで蓋をしてきた思いを話し始めました。

仲村アナ
「この働くひとりの人間として考えた時に子供を授かることを考えると、自分のキャリアが止まってしまうんじゃないかな、不安な気持ちとちょっと裏腹なところがあるんですね。『授かりたくても難しい、今の環境だとまだちょっと考えられないかな』という人もいますし、『本当におめでたですか?』っていう質問っていうのが、その聞かれた相手にとっては重責になることがやっぱりあるかなと思っているんですよ。周りにももしかしたら、言われて嬉しい人もいたら、言われたくないっていう人もきっといると思うんですよね」
「だったらそれを別に口に出さずに違う形でフォローするっていう環境というのが、社会にとって子育てしやすい環境であったりとか、女性が(社会)進出しやすい社会というものなんじゃないのかなというのを昨日感じたんですね。」

「おめでた?」と聞かないでほしいと語り掛けたこのオープニングにリスナーから多くのコメントが寄せられました。

【ツイッターのコメント】
「美涼さんのオープニングの話、沢山の方に気づくきっかけを与えてくれましたね」
「言われた本人は本当辛いし、配慮って本当に大変」
「女性がいつ子供を産むか、何人生みたいか…それは女性自身が決めること。他人が詮索するのはプライベートに立ち入ることなのでやめてほしい」
「周りは良かれと思って言ってしまうんでしょうけど、それが却って迷惑なことにも繋がるんですよね。自分自身も気をつけたいと思います」

知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまう。そうした言動は「無意識の思い込み」→「アンコンシャスバイアス」から生まれていると言われています。