県によりますと新たに感染が確認されたのは2255人で先週の金曜日と比べて13人増えています。感染の勢いは先週と比較すると緩やかになっていますが新規感染者は4日連続で2000人台となっています。




また新型コロナ専用の病床使用率は県全体で50・1%となっています。


高齢者施設などの社会福祉施設内で療養する人はきのうより36人増え366人となっていて過去最多を更新しました。

マスクの着用をめぐり厚労省の専門家組織のメンバーらが19日、屋外で周りの会話が少ない場合には必ずしも着ける必要はないとの見解を示しています。


19日までの1週間の人口10万人あたりの新規感染者数が1000・46人と全国平均の約5倍で都道府県別でワーストとなる沖縄。県民はどう感じているのでしょうか?





沖縄県民
「(着けなくて)良いと思う」
「距離を置いて会話とかできるんであれば近づかなければ」

「(着けなくて)良いと思う。野外だと屋外なので公共の場とかだとするべき」

「マスク外すと不安。飛沫感染で外しても飛沫がでてくる。感染が多いのでやっぱり必要だと思う」