大分市内に毎日のように行列ができる人気のラーメン店があります。中心部から移転し、実家で再出発することを決めた店主の一杯に懸ける思いを取材しました。

■行列の絶えない有名店に オープン直後に…

大分市東部の鶴崎地区に店を構えるラーメン店「嫁の中華そば」。昼どきの店内は多くの客でにぎわいます。

こちらの看板メニュー、その名も「嫁の推しメン」。鶏と魚介のダブルスープに平打ちのちぢれ麺が良くからみ、あっさりの中にもコクがある中華そばに仕上がっています。

看板メニュー 「嫁の推しメン」


この店を切り盛りしているのが大分市出身の笠原美保さんです。4年前、市内中心部で念願の1号店を開業。連日、行列ができるほどの盛況ぶりでした。しかし、オープン直後、笠原さんを「子宮がん」が襲います。