長崎大水害から40年の今年NBCでは毎週火曜日に水害直後にとられた写真などをもとに当時の状況をお伝えしています。

思い起こそう長崎大水害300枚の写真2回目の今日は中島川にかかる石橋の被害です。

長崎市の中島川。
この水辺を中心に長崎の街が栄え今も市民の憩いの場になっています。
ここにかかる石橋は長崎の歴史と文化の象徴でもあります。
40年前の長崎大水害ではその石橋も大きな被害を受けました。


「眼鏡橋」流失は免れたものの橋の半分がアーチ部分を残して損傷しました

傷ついた眼鏡橋の姿は長崎大水害の象徴にもなりました

眼鏡橋の一つ下にある袋橋も中島川の激流で破壊されました


当時被災地では断水が続き水害にあった人たちは中島川に降りて家財道具などを洗っていました


これらの写真を撮ったNBCの堀田カメラマンにとって最も印象に残った情景だったといいます

長崎大水害から40年。
中島川は改修され復元された石橋群は今も長崎市民の生活の中にあります