MRTテレビ「Check!」で日常生活での疑問や不安などを調べていく「Check!調査班」。今回は、宮崎市の青島に注目します。

青島と言えば、先月、新しいリゾート施設もオープンし、GWもにぎわったようですが、実は、青島でいま盛り上がっているのは観光だけではありません。



高級分譲住宅の開発など、ちょっとした不動産バブルとも言える状況になっています。
いま、青島で何が起きているのか、川野武文キャスターが取材してきました。

南国ムードにマッチしたおしゃれな分譲住宅


(川野武文キャスター)
「さて、こちらのお宅なんですけれども、バイパスから降りてくる時に、いつも気になっていたんですが、どういったお宅なんですか」
(設計事務所ケンロック 山下真生さん)
「こちらは、アメリカのミッドセンチュリー時代、1950年代に流行っていたデザインをモチーフにしたカリフォルニアハウスです」



宮崎市の青島地区で建設が進む3棟の分譲住宅。南国ムードにマッチしたおしゃれな建物です。

東京の不動産会社が、宮崎市の業者に依頼し開発しているもので、来月、完成予定です。

こだわりはプール


(川野武文キャスター)
「ここにずい分大きな穴が掘ってありますけど、この上に何か建つんですか?」
(設計事務所ケンロック 山下真生さん)
「建物は建たずに、ここは流れるプールになります」
(川野武文キャスター)
「え?ただのプールじゃなくて、流れるプール?!」



この分譲住宅のこだわりは、なんと「プール」。このうち1棟は、しかも「流れるプール」なんだそうです。

(川野武文キャスター)
「流れるプールって、どういう用途に使うんですか?」
(設計事務所ケンロック 山下真生さん)
「例えば、スイミングの練習をしたり、(サーフィンの)パドリングの練習をしたり、そういった練習がここでもできるという考えなんです」
(川野武文キャスター)
「この距離だけども、泳いでも泳いでも前にいかないので訓練になるということですか・・・」