10日、鳥取県西部総合事務所は米子市で、寄生虫・アニサキスによる食中毒が発生したと発表しました。

米子保健所によりますと、10日午前11時ごろ、米子市内の医療機関からアニサキスによる食中毒患者を診察したと連絡が入りました。

患者は、米子市に住む50代の男性で、8日夜、市内のスーパーで買ったイワシまたはトビウオの刺身を食べたところ、胃の痛みやおう吐などの症状が出たということです。
米子保健所は、このスーパーを1日間の営業停止処分としました。

アニサキスは体長約3センチの寄生虫の一種で、魚介類に寄生します。
時間が経過すると、魚介類の内臓から筋肉内に移動することが知られていて、内臓を除去し、筋肉を目視で確認して洗浄することで感染の確率を下げられるほか、70℃以上の加熱で死滅するということです。