6月の消費者物価指数が、前年比で9.1%プラスと、約40年ぶりの高い伸びとなったアメリカ。ただ、入社1年目で年収が約1400万に達するなど“賃上げ”も加速しています。一方、円安で、物価高が進む日本はどうなるのか…