再び同じような被害を繰り返してはいけないと、被災した住民たちもさまざまな取り組みを続けています。広島県坂町の小屋浦地区では住民が防災士の資格をとり活動しています。災害を風化させまいと奮闘する夫婦の思いです。


被災から10日後の坂町小屋浦をドローンで撮影した映像です。山が崩れ、谷筋を下った土石流が町を飲み込んだ状況を伝えています。茶色い土砂に覆われた住宅地。被害は広範囲にわたっていました。


映像は、小屋浦地区にできたばかりの災害伝承ホールで上映されました。西日本豪雨をきっかけに防災士になった住民でつくる小屋浦防災士会が企画しました。

撮影したのは、防災士の元吉保さんです。4年前、地区の海側にある元吉さんの自宅周辺は、山側からの濁流に覆われました。車もほぼ完全に隠れてしまうほどでした。


妻・仁美さん
「2階まで水が上がったらどこに避難しようってことばかり考えていた。」

6日夕方、車で40分のところにある会社を出た元吉さんは、翌日の未明になって、ようやく泳ぐような状態で自宅にたどり着いたといいます。

元吉保さん
「生活に必要なもの全部下にありますから、また一から全部揃えなくてはならないという状況だった。」


避難生活も経験し、当時は多くを失いましたが、たまたま残ったものがありました。ドローンです。もともとは趣味でバイクのレースを撮影するために購入したものでした。

元吉保さん
「(災害が)週末だったんですけど、ちょうどその週末に(バイクの)撮影に行く予定があって、ドローンは車に積んでいた。なのでドローンだけは助かりました。」


そして撮影したのが、被災10日後の映像です。

元吉保さん
「(発災から)10日後って言ったらまだ生々しい映像もあったりするんですけど、そういうものを映像で残して伝えていかなくちゃなという思いがあった」



思いつくままに故郷を撮影し、SNSに投稿しました。投稿を見たボランティア団体から山の撮り方を教わり、元吉さんは被災した町を本格的に撮影し始めることになりました。

元吉保さん
「毎年、大雨が降るんで、雨の後にダムがちゃんと機能しているのか気になるんじゃないかなと思って、大雨のあと、ダムの建設の進捗状況とか、そういうのを撮影して」


上映会で、元吉さんは4年前の映像と、先月撮影したばかりの映像を紹介して、復旧の状況を伝えていました。


住民
「子どもや孫の時代にもこういう映像は残しておいてほしい」


住民「これを見ると関心をもって平素からどういうことをしたらいいかっていうのを改めて感じる。災害の規模もこれで初めて見るわけですが、復旧の状態も少々ではないですね」

特別な思いで、映像を見に来ていた人もいました。


「友だちが…ごめんなさい…。まだ見つかっていなくて…。」

元吉さんは、夫婦で「災害を風化せない」ために取り組んでいます。