静岡県藤枝市の蓮華寺池公園で6月29日、ボートが転覆し乗っていた人が池に落ちたという想定の救助訓練が行われました。

<貸ボート店店主>
「救急です。救助をお願いしたい。ボートが転覆しました」

訓練は蓮華寺池で足漕ぎボートが転覆し、乗っていた2人が池に落ちたという想定で行われました。通報を受けて駆け付けた藤枝消防署員約20人が現場の状況を把握し、救命用の浮き輪を飛ばして1人を岸に引き上げました。

さらに「消防水難救助班」が通報者の情報を頼りに池の中に潜って捜索を行い、視界の悪い水中からもう1人を発見、救助しました。

<藤枝消防署 黒川泰輝消防司令補>
「梅雨が明けまして本格的なレジャーのシーズンになります。水の事故は直接命にかかわる可能性が十分にある。訓練を重ねて対応力向上に努めていきたい」

藤枝消防署では市民に対し、水難事故防止を呼びかけていきたいとしています。