■メジャーリーグ エンゼルス 2ー1 マリナーズ(日本時間27日 エンゼル・スタジアム)

エンゼルス・大谷翔平(27)はマリナーズ戦に“3番・DH”で先発出場。1回表にマリナーズ2番F・ロドリゲスの打席で背中を通る投球があり、両監督がベンチから文句を言い合うただならぬ雰囲気となった。大谷の第1打席は1回、マリナーズ先発M・ゴンザレス(30)から四球を選び6試合連続の出塁とした。

2回にはマリナーズ4番J・ウインカー(28)の臀部に死球を与えるとウインカーが激怒。これをきっかけに両チームがグランドに集まり大乱闘が始まった。大谷もベンチから飛び出し乱闘の輪の外でマリナーズの選手をなだめた。約16分間の大乱闘はエンゼルス4人、マリナーズ4人の両チーム合わせて合計8人が退場処分となった。

荒れ模様のゲームの中、大谷は3回第2打席、2死一塁の場面で登場するが勝負してもらえず2打席連続で四球。

0対0の5回には1死二塁の場面で2番M・トラウト(30)が申告敬遠、大谷との勝負を選択したマリナーズバッテリーは1球目のシンカーを強振したが、ライト正面のライナーでチャンスを生かせなかった。

0対1と1点を追う7回にも1死一塁で2番・トラウトがまたも申告敬遠、再び大谷との勝負にでたマリナーズバッテリー。大谷は1球目のスライダーを狙ったがレフトフライに倒れた。大谷は4打席無安打で打率.259となった。チームは勝利し連敗を2で止めた。