関東地方では、6月6日の梅雨入りから6月20日までの降水量が54ミリ(平年同時期92.3ミリ)と、例年に比べて降水量が少なくなっています。その原因を気象予報士に聞くとともに、梅雨時期から夏場にかけて起こる発火…