7月の世界陸上オレゴン代表選考会の日本選手権が、6月9~12日に大阪のヤンマースタジアム長居で開催される。

男女フィールド種目は現時点で、世界陸上オレゴンの参加標準記録突破者がゼロ。特に女子は体格の違いや選手層の薄さから、世界レベルから置いて行かれている。その中にあって走幅跳の秦澄美鈴(26・シバタ工業)とやり投の北口榛花(24・JAL)は、オレゴン出場が期待できる2人である。北口は昨年の東京五輪で決勝に進んだ実績があり、今季は未突破だが自己記録は66m00の日本記録で、標準記録の64m00を上回っている。

一方の走幅跳は参加標準記録が6m82で、秦の自己記録の6m65から17cm差がある。しかし秦は翌日に決勝を控えた前日会見で、標準記録を跳ぶ手応えを口にした。


秦が前日練習で動きの“感覚”に手応え データ的にも根拠

前日会見に臨む秦選手(6月8日)

日本選手権開幕前日(6月8日)に有力選手たちの記者会見が行われた。自身のコンディションを質問された秦は「先ほど前日練習を終えてきましたが、かなり良い感じなんじゃないかと思います。自分でハードルを上げてしまいますが、明日は自分でも期待しています」と答えた。

走っている最中の動きの“感覚”が良いのだという。

「関節とか引っかかりがなくスムーズに脚が回るんです。動きの中で力を入れていてもスムーズに動くことが、良いコンディション(の証拠)だと感じています」

これは選手にしかわからない“感覚”の部分のことだが、データでも6m82を跳ぶ根拠に近いものが出ている。その1つが助走最高速度だ。学生時代までは走高跳をメイン種目にしていたこともあり、もともとは助走スピードが速い選手ではなかった。それが今季は9.32m(/秒)まで上がっていて、ゴールデングランプリでは9.4mに近い数値が出ていたという。

日本陸連の測定したデータでは、池田久美子が6m86の日本記録を出したときの助走最高速度は9.65mだった。花岡麻帆が日本歴代3位の6m82を跳んだときのデータは確認できなかったが、花岡が6m60を跳んだ跳躍で9.28mだったことがわかっている。

池田は100mハードルでも日本歴代5位を持つ選手で、助走スピードの速さが特徴だった。花岡は三段跳の日本記録保持者で、バネ(跳躍力)が特徴だった選手。元走高跳選手だった秦もタイプとしては花岡に近い。その秦の助走速度が花岡を上回り池田に近づいている。

もちろん助走速度だけが走幅跳の記録の決定因子ではない。池田は9.5mのスピードでも6m40台のこともあった。最高速度とともに、踏切時の減速率も重要なのだという。

何より、踏切板に合わせられるかどうかで、5cm、10cmと距離が違ってくる。

「今季は(踏切板を越えてしまう)ファウルでも手応えがある跳躍が多かったんです。踏切板に合わせて跳び切ることが、(今の自分には)6m82を跳ぶために一番必要なことなんです」

セイコーゴールデングランプリ(5月8日)

秦は今季4月24日の兵庫リレーカーニバルで6m60(+1.8)、5月8日のゴールデングランプリで6m63(+0.5)を跳んだ。昨年6m65(+1.1)の自己記録を出した頃より安定感が上がっている。

標準記録を跳ぶための基本的な走力と、踏み切りの技術を持っていることは間違いない。あとはそれを記録に結びつけられるか。

「一番難しいことなんですが、しっかり集中して、最大限の力を出し切りたい」

助走開始前の集中した秦の表情が、着地した瞬間に笑顔に変わる。その瞬間を見逃さないようにしたい。