「ガ死ダ食モノナシ」ある日本兵が戦場で遺していたのは、自分が餓死していく様子を克明に書いた日記でした。優しい一人の父親が極限の状況でも伝えたかったこと。それは、愛する家族と、未来へのメッセージです。…