北海道・知床沖で観光船が沈没した事故。5月26日、沈没した「KAZU I(カズワン)」を作業船に引き揚げる作業が始まりました。船首の手すりは取れていて、無線のアンテナと思われるものは曲がっていました。数日かけて水を抜いた後に陸揚げされる見通しで、乗客の家族は「船を見たい」と要望しています。

■沈没から“33日ぶり”船体が海面に 手すり取れアンテナは曲がった状態

北海道・知床沖に沈没した観光船KAZU I。5月26日午後6時50分ごろ、事故後、初めて海面上に姿を見せました。



カメラマン
「油でしょうか、漏れているのがわかります」

“知床遊覧船”という文字も確認できます。作業員は作業船から緩衝材を入れてKAZU Iを横付けしていきます。上空からは大きな傷は確認できません。ただ、前方には手すりがなかったり、無線のアンテナと思われる棒は曲がった状態でした。


カメラマン
「KAZU Iに、はしごがかけられます。作業員がKAZU Iに乗り込みました」

えい航するため、KAZU Iにロープがかけられます。日が沈んでも作業は続き、船にはビニールシートがかけられました。つり上げられた船の状態について専門家は。


水難学会 安倍淳副会長
「(水深)182メートルに落下したときの船首部の手すりがとれているというところに注目して見ていましたが、そこの手すりがないことはよくわかりました。アンテナは形が崩れていましたけど、あるという確認はできました」