水深120メートルの海底に沈んだ知床観光船。引き揚げられるはずだった船体は、移動中再び水深182メートルへ落下してしまいました。原因は吊り上げていたベルトが5本中2本切断したことです。振り出しに戻ってしまった作業の今後は?事故原因究明への影響は?

■船底を下にした状態で大きな損傷はなし

5月24日午前11時半すぎ、知床半島沖の海上は濃い霧で覆われていました。観光船「KAZU I」を吊り上げ、えい航中だった作業船も霞んで見えます。


実は、すでにこの頃、KAZU Iは、深い海底に沈んでいたのです。

記者
「本日、作業船の上へと引き揚げられる予定だったKAZU Iの船体ですが、水深およそ180メートルまで落下しました」

23日、KAZU Iは水深120メートルの海底から海面近くまで吊り上げられ、その姿が白く浮かび上がりました。



潜水士が船体の底にナイロン製の帯を通したあと、作業船から下ろされた“吊り天秤”と呼ばれる鉄骨と固定。



船体は、水深20メートル程度の高さまで吊り上げられたあと、浅瀬まで移動し、24日午後にも作業船の上に引き揚げられる予定でした。

海上保安庁によりますとKAZU Iは、24日午前8時、作業船の乗組員が見た時には船につながれていました。しかし、午前10時ごろ再び確認すると、姿が見えなくなっていたということです。

無人潜水機で確認したところ、ウトロ漁港の西約11キロ、水深182メートルの海底に沈んだ船体を発見。船底を下にした状態で大きな損傷はないということです。