5月24日、引き揚げ場所の浅瀬へえい航中に再び沈没した観光船。23日までに海面付近まで吊り上げることに成功していましたが一体なぜ、その場で引き揚げず浅瀬までえい航したのでしょうか。日本水難救済会の常務理事で、元第三管区海上保安本部長の遠山純司さんに詳しく聞きました。

■再び海底へ沈んだKAZU I

ホラン千秋キャスター:
24日に引き上げられる予定だった観光船「KAZU I(カズワン)」。浅瀬へえい航中に海底へ落下してしまいました。23日の写真には引き揚げ船の隣にうっすらとKAZU Iの船体が写っています。これが水面の上に出てくるはずだったんですが、午前中に落下して海上保安庁に連絡が入りました。その後、無人潜水機でカズワンを探したところ、海底で発見されました。
では、どこに沈んでいたのか。今までは水深120mほどのところに沈没していたんですが、今度はウトロ漁港から西に11キロほど、水深182mの海底に沈没したということです。海底へ落下したということですが、原型は留めていて、ひっくり返ったりはしていないということです。

引き上げ作業がどのように行われる予定だったのかといいますと、まずは引き上げ船に鉄骨がありまして、そこにロープを取り付けて船体を固定して、海面近く(水深10mから20mほど)まで吊り上げます。そして、そのまま安全に引き上げられる、もう少し浅いところまでえい航して引き上げるという予定だったんです。

では今後どうなっていくのか。もちろん、引き上げ作業も引き続き行われるわけなんですが、まだ行方がわかっていない方もいらっしゃいます。これまでに14人が発見されています。皆さん、身元と死亡が確認されているんですが、いまだに12人の行方がわかっていません。

これまで、KAZU Iの船内の捜索が行われていたんですが、飽和潜水で捜索を行ったところ、今のところは船内に不明者はいなかったということです。

他にも、国後島周辺で最近、動きがありました。6日、国後島の西岸で女性の遺体が見つかっています。また、19日までに同じ西岸で、新たに1人の遺体が見つかっていて、付近に「ソヤマアキラ」と書かれた運転免許証があったということです。こちらは甲板員の曽山さんとの関連を調査中なんですが、この2人が今回の事故に関係しているかどうかというのはまだ分かっていない状況です。