第二次大戦でナチス・ドイツが降伏した記念日である8日、ドイツのショルツ首相がテレビ演説を行い、「ロシアのプーチン大統領は戦争に勝てないと確信している」と述べました。

ドイツ ショルツ首相
「ニ度と戦争はしない!大量虐殺はしない!」

ドイツのショルツ首相は8日、国民を守るために防衛力を高めることや、NATO=北大西洋条約機構が戦争当事者になるような決定はしないことなどを約束し、「もう世界大戦は起きてはならないというのが5月8日の教訓だ」と強調しました。

そして、「77年前に自由と安全が、束縛、暴力、独裁に勝利したようにプーチン氏は戦争に勝てず、ウクライナは生き残ると確信している」と語りました。