東京都内のホテルバイキングに登場したインパクト抜群の真っ黒な料理。なぜ、黒くしたのか?そこには理由がありました。

■「焦げているワケではない」全て真っ黒のグルメとは?

東京・府中市のホテルに、驚きのグルメが登場!
せいろを開けると・・・真っ黒な肉まんが!
まるで溶岩のような見た目のものは・・・から揚げです!

お客さん:
食べてみたらすごい美味しかったです。

お客さん:
不安だったんですけど、味は美味しかったです。
さらにこちらは、真っ黒なだし巻きたまごです。

ホテルコンチネンタル府中で5月3日から5日まで開催している、その名も「くらやみバイキング」。(一般 ※中学生以上 2980円)

どうやって黒くしているのかというと・・・

Nスタ:
これは何ですか?

シェフ:
竹炭と片栗粉が入っています。
から揚げの衣に使っているのは、竹炭でした。

Nスタ:
これ焦げているわけではない?

シェフ:
焦げてはいないですね。真っ黒な状態で。

■「食の楽しみ・ワクワクを」真っ黒グルメのワケ

狙いは見た目のインパクトだけではありません。見た目が黒いからこそ、味覚が研ぎ澄まされ素材本来の味が感じられるというのです。

Nスタ:
何だと思いました?

お客さん:
炭ですか?ちょっと違う香りがしました。美味しかったです。

ホテルコンチネンタル府中 大住佑総支配人:
「この食材はなんだろう」とか、そういった食の楽しみ、ワクワクを楽しんでいただきたいです。

「くらやみバイキング」は5月5日まで行われています。