2019年9月小倉美咲さんは、山梨県道志村で行方不明になっています。美咲さんがいたキャンプ場の近くで頭の骨の一部が見つかりました。山梨県警からの発表で、個人を特定するDNA型は発見されなかったため、ミトコンドリアDNA型鑑定へ進むということです。ミトコンドリアDNA鑑定がどういうものかを解説します。

ホラン千秋キャスター:
約3年前、当時7歳だった小倉美咲さんが山梨県道志村で行方不明となっているのですが、美咲さんがいたキャンプ場近くで4月23日、頭の骨の一部が見つかりました。これが誰のものかわかっていなかったのでDNA鑑定が進められていましたが、5月2日、山梨県警からの発表で「個人を特定するDNA型は検出されなかった」ということがわかりました。今度はミトコンドリアDNA型鑑定へ進むということですが、このミトコンドリアDNA型鑑定というのはどういうものなのでしょうか。

■一般的なDNA鑑定とミトコンドリアDNA型鑑定の違い

一般的なDNA鑑定もミトコンドリアDNA型鑑定も細胞を使いますが、核・ミトコンドリア(細胞に数百個)というものがあります。

一般的なDNA鑑定は核の部分を使います。核のDNAというのは情報量が多く、精度も高いということで、個人を特定することができます。一方で、ミトコンドリアDNA型鑑定は情報量が少ないそうです。


さらに個人を特定することができないということで、誰のものかわからないじゃないか?と思ってしまいがちですが、ミトコンドリアDNAは母親だけから受け継ぐことができるので、母方の血縁関係がわかります。ですので、あるミトコンドリアがあり、あるお母さんがいると、この子どもはこのお母さんの子どもなのかどうかということがわかるので、捜査の進展が期待されます。他にもそれぞれ特徴があります。

一般的なDNA鑑定は、温度、湿度が高いと保存されにくいので自然環境で消失してしまう可能性もある一方、ミトコンドリア型DNA鑑定は、古くて量が少なくても鑑定できるのです。


これまでも▼戦没者の遺骨▼遺跡から発掘された古代人の骨などの調査や研究で活用されています。ですので、環境が変わっても時間が経ってもミトコンドリアDNA型鑑定というのは確かに有効かもしれません。