製パン大手のフジパンは、「本仕込食パン」など、ほぼすべての商品を値上げすると発表しました。

フジパンが値上げするのは、「本仕込食パン」や「ネオバターロール」、菓子パンや和菓子などです。一部を除き、ほぼすべての商品が対象で、7月1日の納品分から価格を3%から9%程度引き上げます。

フジパンは、今年1月にもおよそ250の商品を平均8%程度値上げしていて、年に2回の値上げは初めてだということです。輸入小麦の価格高騰に加え、油脂類、レーズンなどの価格が上がっているためだとしています。

先週は、山崎製パンが7月1日の出荷分から「ロイヤルブレッド」などの食パンを平均8.7%、菓子パンを平均4.3%、値上げすると発表しています。