新型コロナウイルスについて、東京都はきょう新たに5048人の感染を発表しました。

先週火曜日の5583人を535人下回っていて、15日連続で前の週の同じ曜日の感染者数を下回っています。

東京都は「検査を受けず、医師が感染と診断した」“みなし陽性”の患者も感染者として発表していて、6人が“みなし陽性”の患者でした。

新たな感染者のうち、ワクチンを2回接種していた人は2330人で、1回も接種をしていない人は1302人でした。

新型コロナの病床使用率は22.9%で、最大で確保できる見込みの7229床に対し、1657人が入院しているということです。

また、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用の病床使用率は、4.7%となっています。

年代別では、
▼10代未満が942人
▼10代が745人
▼20代が801人
▼30代が899人
▼40代が834人
▼50代が448人で、
重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は275人でした。

現在入院している感染者のうち、東京都の基準で「重症者」とされる人は、15人となっています。また、新たに3人の死亡が発表されています。