いまや若者たちの流行の発信地ともなっている韓国。音楽やファッションだけではなくスイーツも注目されているんです。おいしくてかわいい!いま注目の韓国最新スイーツを取材してきました!

■韓国の注目スイーツが日本上陸

いよいよ今週末から始まるゴールデンウィーク。でも、まだまだ海外には行きづらいですよね。大手旅行予約サイトのアンケートによると、行きたい旅行先はハワイが人気なんですが、実は、20代の行きたい海外旅行先1位は韓国なんです(エクスペディア調べ)。

ということで、東京のコリアタウン、新大久保に行ってみると、そこで発見したのは、今注目の最新韓国スイーツでした。

■“今キテる”スイーツ「クァベギ」とは


最初に訪れたのは「スマイルカフェ」。店内では食べる前に写真を撮ったり、お互いに写真を撮り合う人の姿が。

こちらのお店は“今キテる”と言われている、韓国スイーツの「クァベギ」の専門店です。「クァベギ」は日本語でねじりドーナツという意味で、餅粉を使っているので、モチモチした食感が特徴です。


「韓国で元々有名で、それが日本に来たと聞いて、食べに来ました」

「なんか流行っているらしいので、食べに来ました」


種類は全部で8種類。人気のベスト3を紹介します。まず、第3位は、「シナモンシュガー(300円)」。揚げたてで提供されます。


第2は、「オレオクリームチーズ(500円)」。ほろ苦いオレオとクリームチーズの爽やかな酸味が相性抜群です。


そして第1位は「生クリームイチゴ(500円)」です。その名の通り、生クリームとイチゴがたっぷり。値段も500円とリーズナブルです。


「ドーナツがすごく軽やかな感じの味なので、イチゴの酸味と相まって、さわやかにいただきました」

■人気にあやかり有名スーパーでも


人気にあやかって、有名スーパー「クイーンズ伊勢丹」でも、クァベギの販売を開始しました。味は全部で2種類。生クリームたっぷりのスタンダードな「クァベギ(290円)」と、とちおとめがたくさんのった、「とちおとめのクァベギ(322円)」です。

クイーンズ伊勢丹 商品部 ベーカリー担当 香田舞さん
「お店で1から生クリームをたてて絞っているので、すごくフレッシュなクリームをお召し上がりいただけると思います」

売れ行きは好調で、多いときには1日に20個程売れていると言います。


「美味しそうだし、これからまた流行ってくるんじゃないかなと思います」

「各地の物が、家にいながらにしてたくさん食べられるのがすごい好きで、色々と買っています」

■韓国気分も味わえる“可愛すぎる”クッキー専門店


可愛すぎると女性客で大賑わいなのが、東京表参道にある韓国風クッキー「ルベンクッキー」の専門店「THE COOKIE 594」です。


「やわらかいのが美味しい。日本ってサクサククッキーが多いから」

ルベンクッキーは元々はアメリカで愛されていた大きなクッキー。それを、韓国風に甘さ控えめ、しっとり食感にアレンジしたもので、韓国でブームとなっているんです。日本でも、いち早く食べたいとやって来た女性たちですが、なんと・・・。


「名古屋から来ました」

「岐阜から来ました」

「今日は本当にこのクッキーのために来ました。バスで来ると、4時間くらいかかります」


日本全国からやってきていたんです。そんな女性たちに一番人気なのは、オレオが丸ごと1枚のった、「オレオスモアクッキー(430円)」です。割ると、溶けたマシュマロが伸びる。


THE COOKIE 594 金惠貞店長
「ちょっと甘い生クリームをのせているコーヒーと一緒に召し上がっていただくのが美味しいです」


また、店内には韓国語が書かれた鏡があったり、値段の表記も韓国風に4.3(430円)とされていたりと、店全体で韓国を味わえます。


「インスタ映えもするし、味も美味しくて、来られてよかったなって思いました」

「インスタに載せる写真も撮れたし、美味しいのももちろんですし、満足。いい時間でした」


食べて美味しい、撮って楽しい韓国グルメ。

4月29日~5月8日には、最新韓国グルメが楽しめる韓国スイーツフェスがお台場で開催されます。お手軽に韓国気分を味わいたい皆さん、ゴールデンウィークに行ってみてはいかがですか。