政府はこの春にも、新型コロナを季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針です。また、「屋内でのマスク着用」についても原則不要とする案が出ています。
“脱マスク”について、なぜこのタイミングで発表したのか?
さらに、既に“脱マスク”を導入している企業を取材しました。

マスク緩和 なぜこのタイミング?

なぜこのタイミングで“脱マスク”へ向かうのか。いくつかの見方があります。

▼脱マスクが進む欧米各国と足並みを揃えたい
▼ある政府関係者の話「外遊に行ってもマスクを着けているのは日本だけ。逆にマスクをしていると、何かの病気なんじゃないかと思われてしまう」
▼5月のG7広島サミットまでに“脱マスク”の環境を作りたい

政治ジャーナリスト 田崎史郎氏はー
「この春の5類への引き下げ、マスクを原則不要にしていくという話し合いについては、規定方針通り。8波のピークが過ぎて国会論戦が本格化する前に、政府の方針を掲げたのではないか。」
としています。

『あなたはマスクを外しますか?』ひるおびアンケート

「ひるおび」では、アンケートを行いました。(対象:全国18歳以上の男女300人)

Q.この春、屋内でマスク着用が不要になったらマスクを外しますか?
「はい」・・・33%
「いいえ」・・・67%

「マスクを外さない」という意見が半数を上回りました。

≪外すと答えた理由≫
▼息苦しさを感じるから
▼表情がわかるから
▼めがねがくもるから

≪外さないと答えた理由≫
▼感染するのが怖い
▼マスクをしている方が落ち着く
▼周りが外してから考える

IT大手企業 すでに屋内で“脱マスク”

一足先に「屋内で脱マスク」に踏み出した企業があります。それがIT大手の「GMOインターネットグループ」です。
国内の従業員、約6100人を対象に、社内でのマスク着用を「任意」にしました。

マスクを外している社員
「やっぱり表情が見えて仕事ができた方が、コミュニケーションもとりやすい。」

2022年9月の開始当初、マスクを外した従業員は、グループ全体で約3割
現在は約6割の人がマスクを外して仕事をしているということです。

恵俊彰:
段々マスクを外す人数が増えていくわけでしょ。「任意」だからね。さっきのアンケートと似ているように感じますよね。

山内あゆアナウンサー:
「周りが外してから考える」という。その気持ち、わかりますよね。

企業として“脱マスク”を始めるにあたり、社内アンケートをおこなっていました。
「パーティションがあるところならばマスクは不要だと考えるか」と聞いたところ、約6割がマスク不要でいいのではないかという回答。
さらに、新型コロナワクチンの3回接種が従業員の90%に達したこともあって、踏み込んだということです。