「10年経ってやっと震災に向き合えるようになった」。震災当時、新聞社で福島県の南相馬市を拠点に取材をしていた神保圭作記者。津波に襲われた街や原発事故の最前線にいながら、あちこちに遺体がある惨状にいたた…