執筆者詳細

樫尾 昂

2015年入社。社会部・警視庁担当などを経て経済部へ。 経済部では内閣府担当として政府のコロナ対策の取材をした後、いまは自動車などの民間企業を担当。かつての“ものづくり立国日本”の復活を心から祈っている小市民。上から目線ではなく、今の日本経済について「良いところは良い」「直すべきは直す」といえるような報道を心がけている。自信があるのは人当たりの柔らかさ(のみ)。

あなたにおすすめの記事

カテゴリ