この夏3年ぶりの海開きを迎える福島県いわき市の海水浴場で、専門家などが集まり、水難事故に繋がる恐れのある「離岸流」について調査しました。

いわき市の薄磯海水浴場は、7月16日、3年ぶりに海開きが行われます。
それを前に6月29日、福島海上保安部の職員や専門家などが集まり、水難事故を引き起こす「離岸流」について調査しました。
離岸流とは、海岸に打ち寄せた波が、沖に戻ろうとする時に発生する強い流れのことで県内では過去10年間で、離岸流による救助事案が7件発生しています。

調査ではシーマーカーを使いながらその発生状況を調査しました。

小枝記者
「調査開始からおよそ3分、あちら、浜に打ち寄せる波とは反対方向に緑色のマーカーがのびはじめています。」

ドローンを使い、上空からその様子を見てみると画面左側の一部で離岸流が発生していることがわかります。

長岡技術科学大学 犬飼直之 准教授
「(調査地点は)だいたい100メートルぐらい離れた場所になりますが、それでも、場所によっては横向きに流れたりだとか、沖向きに流れたりとか、流れが大きく変わると」

福島海上保安部によりますと、離岸流の幅は10メートルから30メートル、長さは数10メートルから数100メートルにまで及ぶこともあるといいます。もし離岸流に流された場合は・・・

福島海上保安部交通課 佐藤正哉課長
「まず落ち着いていただいて、岸と平行に泳いで、それから流れから抜け出したうえで、陸に戻っていただくようにお願いしたいと思います」

【もし溺れたら?ポイントは“浮いて待つ„】